遠くの親戚より近くのセブン

セブンイレブンは色々なものが売っているだけでなく、様々なサービスの代行も行っています。宅配や高校料金の支払い、ネットショッピングの代金支払い、受取、コピー機にATMなど、セブンイレブン一か所で様々な手続きが可能になりました。銀行業務の取り扱いもあり、セブン銀行の口座を持っている人もいます。

 

実はセブンイレブンでお金を借りるサービスも取り扱いしています。遠くの親戚より近くの他人という言葉がありますが、遠くの親戚より近くのセブンでお金を借りるという方法があるのです。

 

セブン銀行カードローン

セブン銀行ではセブン銀行カードローンでお金を借りられます。もしもこれからコンビニでお金を借りられるとなると、様々な場面で役に立つでしょう。セブンイレブンなら全国各地に店舗があるので、近所はもちろん職場の近くや旅先などでも借入れができます。

 

また、セブンイレブンならいつでも開いているので、お金が必要になったその時にすぐ借入れができます。お金を借りる手段として、セブン銀行カードローンは非常に使いやすいはずです。

 

 

いくら借りられるのか

一体セブン銀行のカードローンでいくら借りられるのかは気になる所ですが、限度額は10万円、30万円、50万円の3種類あります。初めは10万円で申込んだとしても、後から限度額変更の申込みも可能です。セブン銀行のカードローンは、限度額の範囲内で何度でも借入れが可能です。金額も自由で、1,000円単位で必要な分だけお金を借りられます。

 

例えば飲み会でお金が必要になった時、セブンイレブンのATMに行けばすぐにお金を引出せます。必要な分だけ借りられるので無駄に借り過ぎる必要もありません。

 

大きな金額で借りるには適していないのがセブン銀行カードローンのため、まとまった金額を借りたいとなった際には他のカードローンを見ておく必要があるでしょう。数百万円などの規模であればオリックス銀行カードローンの限度額は魅力があり、審査の結果次第では最大で800万円の枠も可能となるために頼れます。

 

いくら返済すればいいのか

お金を借りれば返済の義務も生じます。カードローンでお金を借りた後の返済は不安かもしれませんが、セブン銀行のカードローンの返済は月々5,000円か1万円とシンプルです。限度額10万円の場合は5,000円、限度額30万円、50万円の場合は1万円が、セブン銀行口座から自動で引落としされます。
自動引落としなので返済忘れの心配もなく安心です。また、1万円以上返済したい場合や一括で返済したい場合には、ATMから簡単に追加の返済が行えます。

 

申込み条件について

限度額も手軽で返済もシンプルなセブン銀行のカードローンは、初めてお金を借りようとしている人には敷居が低いのではないでしょうか。どうしたら申し込めるのかという所も気になると思います。

 

セブン銀行のカードローンは20歳以上70歳未満でセブン銀行の審査基準を満たせば契約が可能です。正社員や働いているという条件はなく、専業主婦でも申込みが可能です。

 

ただし、セブン銀行のカードローンを利用するには、セブン銀行の口座が必要になります。ただし、現在セブン銀行の口座を持っていなくても、セブン銀行口座開設とカードローン契約の申込みは同時に行えます。実質的にはセブン銀行の口座を持っていなくても申込みが可能です。

 

すぐに貸してくれるのか

セブン銀行のカードローンを申込んで、すぐに貸してくれるのかというのも、状況によっては重要です。セブン銀行の口座をすでに持っている場合には、融資までは非常に迅速です。審査時間は最短10分程度、本人確認書類がなくてもネットから申込みが可能です。

 

申込み後はすぐに利用ができるので、口座を持っているなら手続き時間はそれ程気にする必要はありません。むしろ他で借りるよりも最短で借りられる可能性があります。

 

ただし、セブン銀行の口座開設を同時に申込む場合、口座開設に1~2週間以上日数がかかる場合があります。口座を開設していない場合には、余裕を持って申込みをしましょう。

 

すぐに借りたい場合にはセブン銀行カードローンよりも消費者金融の契約機を利用するカードローンキャッシングが優れている場合が多いので、急ぎの方は身近な場所に契約機の設置があるかを調べてみることをおすすめします。

 

大手の有名消費者金融であれば契約機の設置数も多く、人口や人の流れが多い地域であれば大体は契約機が設置されています。例えばとなりますが、東京都内で見ると豊島区の消費者金融に絞るとプロミスやアコムなどの大手有名サービスが多くの契約機を設置しているため、ネット申し込み後の素早い手続きで最短即日融資も可能となります。